気になる PR

チョコボール当たりの見分け方は??当たる確率は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

チョコボールといえば、
銀のエンゼルと金のエンゼルが有名ですよね。

エンゼルを集めるともらえる「おもちゃのカンヅメ」
をゲットするためにチョコボールを買いまくったという方も
多いと思います。

今回はそんなチョコボールのあたりを見分ける方法を
買いていこうと思います。

信じるか、信じないかはあなた次第です!

チョコボールのあたりを見分ける方法

チョコボールのあたりを見分ける方法は
複数ありますので、ぜひいろいろ試してみてください!

文字の太さが違うものを探す

当たりの箱はハズレの箱に比べて文字の太さに違いがある様です。
原材料や製造場所など書かれた場所を見て他の箱とちょっと違う
という場合はあたりの可能性が高くなるかも?と言われています。

ロット番号の仲間外れを見つける

正面から見て右側の側面に賞味期限と一緒にロット番号が記載されています。

そのロット番号が他のものと違うものを見つけるというものです。
チョコボールは20個1セットとしてスーパーやコンビニに納品されます。
その中でロット番号が違うものが混じっていることがあるそうです。

19個=CB7
1個=BB7

のようなイメージです。

どうやら、通常バージョンを作っているロットと、
あたりを作っているロットが違うでは?という仮説があり、
それで仲間外れを見つけることであたりを見分けられるのではないか?
ということです。

包装用フィルムのズレをチェックする

チョコボールの包装用のフィルムを開ける金というか、
黄土色というか、線が入っているところがあります。

ここが他と比べてズレていたりすると、あたりの可能性が高いそうです。

文字の印刷ズレをチェックする

あたりのパッケージでは文字の印刷が他のものと
若干違うことがあるようです。

何にせよ他と違うものを探すというのが大切なんですね。

季節限定品を狙うと当たりやすい

ここまであたりを見分ける方法を書いてきましたが、
通常商品(ピーナッツ、キャラメルなど)と比べると
季節品や、限定品の方が上の特徴がわかりやすくなるようです。

あくまでも仮定ですが、
当たりのみを作ってるロットがあるようで、
限定品になると作りが荒くなるのでは?
と考えられています。

チョコボールが当たる確率は?

確率は公式に発表されてはいませんが、
年間8万人の方にカンヅメを送っているとのことです。

そう思うと割と当たりやすいのかなと感じますね。

チョコボールには2種類のあたりが存在します。

金のエンゼル

金のエンゼルは1枚で1缶のおもちゃのカンヅメと交換できます。
公式の発表はありませんが、確率はなんと0.03%〜0.04%と言われています。

3000個〜4000個買って1枚という確率だと果たして当たるか…??という感じですね。

銀のエンゼル

銀のエンゼルは5枚で1缶のおもちゃのカンヅメと交換できます。
こちらも公式の発表はありませんが、約3〜4%と言われています。

100個買って3〜4個となると、
30個で1個、150個買って5個というのが
一番最短のものになりそうです。

現実的には銀のエンゼルを集めることになりそうですね。

チョコボール当たったらどうしたらいい?

チョコボールのエンゼルは1個交換すると言ったものではありません。

金のエンゼルなら1枚で、銀のエンゼルなら5枚でおもちゃのカンヅメと交換できます。

2024年からはキョロガチャというガチャが発表されました。

金もしくは銀のエンゼルを
指定の郵送先に送るとおもちゃのカンヅメが送られてきます。

こちらは当然ながら「もれなく」なので
楽しみに待つことができますね!

当たった方の感想

 

過去にはこんなカンヅメもありました。

まとめ

今回はチョコボールのあたりの見分け方を書いてみました。

ぜひ試してみてくださいね!